IT

WixからロリポップへWebサイトを移行する方法【WordPress化】

 

移管手続きは、全工程で1週間〜2週間ほどかかります。
気長に行きましょう。

 

運用しているWebサイトをwixからロリポップに移行する方法について体験談を元に解説します。

wix.com、かんたんにホームページがつくれるので
とても便利ですよね。

ホームページの知識がなくても、デザインを選ぶだけで
素敵なページがささっとできてまう手軽さ。かつて私も使っていました。

でも便利な一方でデメリットもあり
結果的にロリポップへ乗り換えることになりました。

そのwin.comからロリポップへの乗り換えについて
実体験をもとに解説します。

 

 

Wixのメリット・デメリット

  メリット デメリット
機能 ・ちょっと研究すれば、誰でも簡単に綺麗なWebサイトが素早く作れる。

・表現の自由さが低い。
・細かな位置調整ができない。
・動作が重たい
・Wordpressが使えない。

コスト ・独自ドメインが不要なら無料で作成・運用できる。 ・Wixでドメインを取得した場合、Webサイトとメールアドレスを同一ドメインにするには、別途Googleの「Gsuite」という有料サービスをWixと併用する必要があり、Webシステムの仕組みが複雑且つ運用コストが高くなる。

個人的には、

「Webサイトと同じドメインのメールアドレスを取得するのには、
  有料且つ設定の難易度が高いGsuiteを契約しなければならないこと」

これが原因で乗り換えすることにしました。

最初は、こんなもんなのかなあ、と思っていましたが、
Webサイトは簡単に作れても、これは面倒だなと気付きました。
(Wix以外のところでドメインを取得している場合は別の策もあるようです)

そして、このGsuiteのメール設定、めちゃくちゃ難しいんです。
IT初心者の方には高難易度だと思います。

お手軽にお店のサイトを作って、
同一ドメインのメールアドレスを作ろうと思っている
ITにあまり詳しくないオーナーの方には、wixはおすすめできません。

今回の体験談を元に一連の流れを解説します。

 

移行手順

ここでは、すでにロリポップレンタルサーバーを契約していて、

WordPressで移行後のサイトを準備できている前提とします。

 

簡単な流れ

  • Wixで自動契約更新(ドメイン、プレミアムプラン、GSuite)を中止する。

  • Wixで認証コード(AuthCode)を取得する。

  • ムームードメインで移管手続きをする。

  • WordPressサイトにドメインを設定する。

 

1.Wixで自動契約更新(ドメイン、プレミアムプラン、GSuite)を停止する。

まずWixの各種自動契約更新を停止します。

停止するのは、ドメイン、プレミアムプラン、GSuiteの3つです。
1つだけじゃないので注意しましょう。

引越しを決意していれば今後支払いを続ける必要はありません。
スパっと切りましょう。

 

「Wixドメイン」の自動更新を停止する

wixドメイン自動更新停止

「Wixドメイン」の自動更新を停止する

上記のリンクのページから手続きをします。

「停止する」という言葉じゃなくて
「ドメインをキャンセル」という言葉を使って惑わせてきますが
そこをクリックすれば、「自動更新をオフにする」手続きができます。

「ドメインをキャンセル」という言葉をみると、
すぐにドメインが使えなくなるような印象を受けますが、

この操作をしても自動更新が停止されるだけで、
すぐにドメインが使えなくなるわけではありません。

 

 

「Wixプレミアムプラン」の自動更新を停止する

プレミアムプラン自動更新削除

 

「Wixプレミアムプラン」の自動更新を停止する

上記のリンクのページから手続きをします。

手続き画面でキャンセルする理由を聞いてきますが、
適当なものを選択しておきましょう。

 

この操作をしても自動更新が停止されるだけで、
すぐにWebサイトがなくなったり、管理画面が使えなくなるわけではありません。

 

GSUiteの自動更新を停止する

Google GSUiteの管理画面で自動更新の停止手続きをします。

 

 

2.wixで認証コード(AuthCode・オースコード)を取得する。

これはWixでドメインを取得した場合の手続きになります。

 

認証コードってなんだろう

認証コード(AuthCode)というのは、
ドメイン管理を別の管理会社に引越しする時に使うパスポートみたいなもの

不正な移管を防ぐ為に割り当てられる半角英数字と記号で構成された文字列です。

 

ドメインは、Webサーバーなどのサービスを提供している
どこかの会社が管理してくれているものです。

今回の例では、Wixで取得しWixが管理していたドメインを
ロリポップの関連サービスである「ムームードメイン」に管理してもらうように引越しする、といったイメージです。

ムームードメイン「「認証コードとは」

 

つまり、wixに移管申請を行って認証コードを取ればいいということになります。

 

Wixで認証コードを発行

認証コードを発行するには下記のページで手続きします。

Wixで取得したドメインを他社へ移管する

 

Wixドメインを他社に移管

 

ドメインページ」とやらで認証コードを発行手続きしましょう。

 

ドメイン移管手順

 

 

上記の手順で認証コードの送信手続きをします。
「コードの送信」をクリックするとすぐにメールが届きます。

ドメイン移管受付メール

届いた認証コードの有効期限は7日間です。
すぐに次の手続きに移りましょう。

 

 

3.ムームードメインの移管手続き

 

下図はムームードメインが説明している移管の流れです。



1〜4までは自分で短時間で進められますが、
5は日数がかかります。数日待ちましょう。

 

下記のサイトで手続きをします。

ムームードメイン ドメイン移管


ユーザー登録が済んでいない場合は、先にユーザー登録をします。

 

ムームードメインのドメイン移管



このページで、wixで取得した認証コードを使って移管手続きをします。

プロセスとしては次の通りです

  1. ドメイン移管前の準備ができているかチェックをする
  2. 移管ドメインと認証コードを入力する
  3. 確認画面で入力内容を確認して申し込み
  4. 移管手続きの結果メールが届く

 

ドメイン移管前の準備ができているかチェックをする

移管前のチェック項目がページ中ほどに出てきます。

事前チェック


全部の条件をクリアしているか確認しましょう。

確認できたら「ドメイン移管申請へ」をクリック。

 

移管ドメインと認証コードを入力する


ドメイン名と認証コードを入力する欄がありますので、
入力して「入力内容確認へ」を押します。

移管ドメイン入力画面

 

確認画面で入力内容を確認して申し込み

確認画面が出てくるので、内容を確認して「移管申請」ボタンを押します。

移管の費用も表示されます。税込み1,628円です。

ドメイン移管内容確認

 

移管手続きの結果メールが届く

「移管申請」ボタンを押すとメールが届きます。

メール本文中に

「申請受付数1件」

と、なっていれば、申請が正常に受付られています。

 

ここが「失敗」となっている場合は、

ドメイン名の文字列、認証コードの入力内容が間違っているかもしれないので

過信せずに、もう一度、画面に穴が開くほど文字列を確認してください。

そして改めて
ムームードメイン ドメイン移管
のページから、手続きをしてください。

 

移管手続きの処理が終わるのを待つ

あとは一旦待つのみです。

Wixからムームードメインにドメインが移管する段階です。
数日かかります。

ムームードメインのコントロールパネルでは
移管申請中」という表示になっています。

 

移管が完了するとムームードメインからメールが届く【ドメイン移管完了】

移管が完了すると、次のようなメールが届きます。
私が手続きした際は、移管申請から7日後に届きました。

これが届けば、めでたくドメインの移管は完了です。
Wixに「あばよ!」と言うタイミングです。

メールが届いたら、ムームードメインの
コントロールパネルにログインして、移管が完了しているか確認します。

左メニューの
ドメイン管理>ドメイン操作>ドメイン一覧 

で、移管申請したドメイン名が表示されていればOKです。

 

WHOIS情報を更新する

届いたメールにも書かれている通り、

WHOIS情報を最新情報に更新する作業を行います。

 

WHOIS情報というのは、
そのドメインはどこの誰のものか、といった情報のこと

その情報はインターネットで誰でも検索出来るようになっています。

 

この作業はムームードメインのコントロールパネルで行います。
左のメニューから「ドメイン操作」>「WHOIS情報変更」の画面で手続き可能です。

ムームードメインコンパネドメイン操作

 

ここで自分の情報を登録することができます。

ただ、自分の自宅の情報などを公開したくない場合は、
「弊社の情報を代理公開」にしておきましょう。

 

代理公開

 

"弊社"とはムームードメインを運営するGMOペバロの情報になります。
WHOISではこのような項目の情報が公開されています。

WHOIS情報

 

4、WordPressにドメインを設定する。

 

さて、ようやくここからが本丸。

ここでは、すでにロリポップレンタルサーバーを契約していて

WordPressで移行後のサイトを準備できている前提とします。

 

移行後のサイトの準備がまだの場合は、下記のバナーから

レンタルサーバーの契約を検討してみてください。

ロリポップ レンタルサーバーを契約する

ロリポップのレンタルサーバーを契約します。 下記のバナーから、手続きができます。

 

 

WordPressサイトにドメインを設定する

WordPressはロリポップのレンタルサーバーの中の
特定の場所にインストールされています。

この場所のことを「ディレクトリ」といいます。

もうすこし簡単に言うと、「URL(アドレス)」です。

ただ、このアドレスの文字列には、
ロリポップのユーザー名が含まれている状態のもので、自分のドメインではありません。

このよくわからない文字列のアドレスを
今回移管したドメインのアドレスにします。

 

ロリポップの管理画面にログイン

左のメニューから
「サーバーの管理・設定」>独自ドメイン設定

ロリポップ独自ドメイン設定

 

右の画面で「独自ドメイン設定」をクリック。

独自ドメイン設定ボタン

 

ステップ1はとばして、ステップ2に情報を入力します。

「設定する独自ドメイン」に、移管したドメインを入力します

「公開(アップロード)フォルダ」に、
WordPressがインストールされているフォルダ名を入力します。

「ロリボップ!アクセラレーターを利用する」にチェックを入れて
「独自ドメインをチェックする」をクリック。

独自ドメインを設定する

 

以上で、移管したドメインがWordPressに設定されます。

 

Wixからロリポップに移管まとめ

移管の流れ

  • Wixで自動契約更新(ドメイン、プレミアムプラン、GSuite)を中止する。

  • Wixで認証コード(AuthCode)を取得する。

  • ムームードメインで移管手続きをする。

  • WordPressサイトにドメインを設定する。

 

WordPressは最初とっつきににくいところもありますが
慣れるともうWixのようなタイプのサイト運営より数倍楽になります。

レンタルサーバーについては
ロリポツプ意外にもたくさんのサーバーがありますので
機能や料金を調べて検討してみてください。

 

この記事では触れませんでしたが、
ロリポップはWordPressの設定がめっちゃ簡単です。

詳しくは下記の公式サイトをのぞいてみてください。

 

 

-IT

Copyright© TABLE STATION , 2021 All Rights Reserved.