ビジネス

これを知ってれば大丈夫 当社・弊社・御社・貴社の違い

自分が所属する会社の呼び方、相手が所属する会社の呼び方。ビジネスにおいてよく使う言葉です。学生さんが就職活動をする時にも必要となりますので、それぞれの使い分けについてしっかりと身につけておきましょう。

会社の表現 使い分け まとめ表

コミニケーションの
相手
自社の表現相手の会社の表現
自社の人当社(とうしゃ)先方(せんぽう)、


[社名] 様、[社名]さん

他社・社外の人弊社(へいしゃ)[会話で使う時]
御社(おんしゃ)

[メール・手紙で使う時]
貴社(きしゃ)

まとめるとこのようになります。ひとつずつ見ていきましょう。

「当社」

コミュニケーションする相手が自社の人の場合で、自社を表現する時に使います。利用シーンとしては、会議とか報告とか社内資料を作成したりする時に使います。

自社の人相手に「弊社」を使うのは間違いです。「へりくだった表現なのでこれ使ってればとりあえずオールマイティでOKでしょう」的なのは全然OKじゃないのでそういう理解の仕方はやめておきましょう。

「弊社」

コミュニケーションする相手が他社または社外の人の場合で、自社を表現する時に使います。利用シーンとしては、商談や電話対応、社外の人に向けた資料を作成したりする時に使います。

社外の人に「当社」を使うのは間違いです。

 

「先方」

コミュニケーションする相手が自社の人の場合で、取引先や商談先などの会社を表現する時に使います。利用シーンとしては社内の会議や報告、資料作成に使います。

この「先方」という言葉は敬語ではない為、社外の相手に向かって直接使うのは間違いです。社内だけで使うようにしましょう。

また「先方」の敬語バージョンは存在しません。「先方様」とするのも間違いですので注意しましょう。

 

「御社」「貴社」

コミュニケーションする相手が他社または社外の人の場合で、その相手の会社を表現する時に使います。利用シーンとしては、商談や電話対応、社外の人に向けた資料を作成したりする時に使います。

「御社」と「貴社」の使い分けは会話で使うか文章で使うかの違いです。
会話では「御社」を、文章では「貴社」を使います。

文章の例としては、
手紙の冒頭で、"貴社益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。 "といった文章が使われます。


学生や主婦など会社に所属していない人が、コミニケーション相手の会社を表現する時も同様に「御社」「貴社」を使います。
利用シーンとしては、就職活動やパートの面接です。


-ビジネス

Copyright© TABLE STATION , 2021 All Rights Reserved.