IT

新規サイト・サーチコンソールで「インデックス登録リクエストに失敗しました」と表示されたら、寧ろrobots.txtで許可してみよう。

 

Googleサーチコンソール「インデックス登録リクエストに失敗しました」と表示されるときに対処方法

 

何週間も前に制作したサイトなのに何故かGoogleで検索してもインデックスすらされていない現象がありました。(2021年6月現在)

サイトの制作環境としては、Wordpressを使わない、素のコーディングで制作したサイトです。

 

ブラウザではちゃんとサイトが表示されるので、URLのタイプミスとか、そんな次元の話ではないのは明らかでした。

 

 

結論: たった3行のrobots.txt を設置する

解決方法は、

robots.txt というファイルを作り、下記の3行を貼り付けて保存して、ルートディレクトリにアップするだけ。意味としては、「どしどしアクセスしてくれよな!」 というニュアンスです。

 

User-agent: *
Allow: /

Sitemap: https://(あなたのドメイン)/sitemap.xml

 

 

再度リクエストする

 

そして再度、サチコさんの画面からインデックスをリクエストします。

するとすんなりと「受付たので、反映までちょっと時間くれよな!」 といわんばかりの爽やかなメッセージが表示されます。

 

インデックスされるまで、まちましょう。

 

 

参考

 

この解決方法を検索していると、リクエストができない「原因」として、robots.txt があるから、という解説が結構でてきます。

私がそうだったのですが、「そういうファイルは作ってないから関係ないや」と思い込み、robots.txt がどうのこうの、という記事が色々なサイトで出てきてもスルーしていました。

それらの記事の意図するものは、robots.txtに「アクセスは許さねぇ」という意味の記述(Disallow)をあんたが書いてサーバーにアップしてGoogleを拒否ってんじゃね?   的な話の展開のものでした。

 

しかし、私がはまっていた問題はそうではなく、

さらにそもそも論で、アクセス拒否をするような表明を一切してなくても、

「まずは、あんたがアクセスを"許可"(Allow)しない限り、いくらリクエストしてもGoogleは来ねぇ」

なんていうまさかの状況になっていたわけです。

つまり、デフォルトは拒否、と。

 

robots.txtに関する多くの記事で、「Allowの記述はいらない」というのが多く、中には「書いてたら素人」とまでの言われようです。

 

しかし、必ずしも、そういうことではないようです。

詳しいことはわかりません。

ただ、事象の解決事例として、私の今回のケースでは、何日も解決できずにはまっていたが、

たった3行のrobots.txtを設置するだけで秒で解決したというお話です。

 

以上、誰かの問題解決の参考になれば幸いです。

 

 

-IT

Copyright© TABLE STATION , 2021 All Rights Reserved.