IT

【2020新モデル】Macbook Air 購入しました【比較検討したレポート2020年3月20日】

 

この記事の概要と結論

Macbook購入を検討していた筆者は、
新型Macbook AirとMacbook Pro2019を比較する。

その比較内容した内容を紹介。

結果、新型のMacbook Air 2020を購入した。

 

購入に至った経緯

検討、比較、意思決定に至った経緯を紹介いたします。

 

検討していた状況

・所有しているiMac 2011 Midが調子が悪くなり買い替えを検討していた。
・できれば早く欲しい
・持ち運びをしたい、ある程度の性能が欲しいのでノート型で性能の良いMacbook pro 13インチにほぼ決めかけていた。
・いざ購入しようとAppleのサイトを表示しようとしたら・・・

 

そんな中、突如発表された新しいMacBook Air

 

 

 

Macbook Pro 2019とどう違うか 

早速新しいMacbook Airの性能を調べました。一番気になったのは、それまで検討していた現行型Macbook Proとどう違うのか。

いくらAirが最新型とは言っても、ProはPro。Airに劣るとは考えにくい。
念のため、調べてみよう。

それくらいの気持ちで、心はProのままでした。調べるまでは・・・。

 

1.Retinaディスプレイが新型Macbook Airに搭載された

2019モデルはここがAirとProの差のひとつでしたが違いがなくなりました。

 

2.CPUの処理能力がめっちゃ向上し2019 Proに迫る

また2モデル中の上位モデルのコア数がしれっと2から4になりました。
2019のMacbook Proも4コアなので、コア数でいうと肩を並べました。

2020Macbook Air と 2019Macbook Pro の比較

左2モデルが 2020 Macbook Air

CPUがパワーアップし第10世代になっています。

3.ストレージ

最安モデルでも258GB〜になり容量が大きくなりました。
最安モデル同士で比較すると2019 Proを超えています。

 

4.キーボード

Magic Keyboadが搭載されました。
こちらは2019 Proの16インチモデルのみに搭載され、13インチには搭載されていないので、13インチ同士の比較ではProより新しくなりました。

 

5.Touch ID とファンクションキー

Touch IDが搭載され、ログインが便利になりました。これは先代モデルになくProにしかなかったので嬉しい追加です。

またキーボードの上部がTouch Barではなく、普通のファンクションキーです。
これは好みかと思いますが、個人的にはファンクションキーが実用的かと思いますのでこっちの方が好みです。

 

6.スピーカーとマイク

スピーカーとマイクの性能が向上しています。
こればかりは実際に聞いたりしないと、Web情報だけではわかりにくい部分ではありますが、向上しているのなら良しと考えます。

 

7.Thunderboltのポート数

Macbook Air 2020の Thunderboltのポート数は二つです。
個人的には、そんなにジャラジャラと同時に繋げる必要ないので、ポート数の話題は、いつもそんなに重要ではないな、と思っています。

 

私の結論

新型Macbook AirとMacbook Pro 2019 13インチなら、物凄く大きな差は無くあんまり変わらない。強いて言えば、名前がAirかProかの型式ブランドの違い。

Airで十分

私の目的は高性能なMacbookを探求し使うことでなく、仕事がやりやすくなり、時短や効率化で生活が豊かになることです。実際に使ってみないとわからない点がありますが、Macbook Pro2019の性能がすでに高性能であることを踏まえて、新型Macbook Airがそれに迫る性能なのであれば、もうそれで十分と判断しました。

動画編集も視野入れていますが、今まで使ってきたiMac mid2011という古いデスクトップ機種でも、爆速ではないものの動画編集は十分できています。一応Radeonのグラボが搭載されているとはいえ、約10年前の機種で出来ているのなら、新型Macbook Airで出来なくはないだろうと考えます。

ということで、Macbook Proを検討していましたが、新しいMacbook Airにしました。

発売したばかりなので、到着まで3週間くらいかかりそうですが(笑)

欲しいと思った時が買い時

きっとその内、AppleからMacbook Proの新型が発表されると思います。
それを気にするとなかなか購入に至れません。

繰り返しになりますが、目的はMacbook を買うことではない、
ということです。

「いや、それが目的なのだ」という方は別として、
多くの人は、生活の中の何かを解決する為にMacbook を買うのだと思います。

その目的達成の第一歩が、Appleの発表などに振り回されていては、本末転倒だと思います。Macbook もひとつの道具。

今あるその道具をどのように使って、生活や人生をどう豊かにするか、
そのクリエイティビティの為に、頭と時間を使うことが大切だと思います。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
あなたにとって
今日が良い1日になりますように。

-IT

Copyright© TABLE STATION , 2021 All Rights Reserved.