アウドトア

外で簡単にお湯を沸かす方法。プリムス PRIMUS ULTRA BURNER P-153。キャンプにオススメ。

 

 

「キャンプでかんたんな料理をやってみたいな」と思っているかた、

「登山をして頂上でコーヒーとかを淹れてみたいな」と思っているかたなら、

外でお湯を沸かす方法を知りたいと思います。

 

お湯を沸かす道具はたくさんありますから、道具選びに迷いますよね。

そんなアウトドア初心者のかた、一人でキャンプをしたいと思っているかたに、これを買っとけば間違いない! というお湯を沸かす道具である、「バーナー」をご紹介します。

バーナーというのは、簡単に言うと、カセットコンロがコンパクトかつパワフルになったようなもので、火を点火させることができる道具です。

 

筆者はキャンプ、登山などアウトドア歴15年です。いままで使ってきた経験から、友達にもオススメしているとっておきのバーナーを紹介します。

 

 

オススメNo.1のバーナー PRIMUS ULTRA BURNER P-153

 

まず、結論から。

筆者が一番オススメするバーナーは

「イワタニ・プリムス株式会社」から発売されている、PRIMUS ULTRA BURNER P-153 です。

 

オススメするポイントを紹介します。

 

オススメポイント1、使うときに場所を取らない

 

このP-153ウルトラバーナーの最大の特徴と言ってよいのが、使うときに場所を取らないことです。

これ、実はすごく大事なことなんです。

 

どういうことか解説します。

 

バーナーを検討する際に、おそらくほとんどの方が候補に入れるであろう別の機種が、これ。

SOTO というメーカーの ST-310 です。

 

これも、めっちゃかっこいいですよね。

実は、筆者もこれ持ってるんです。

両方使った経験から言いますと、このふたつのバーナーの明確な違いは、使うときの占有面積なのです。

 

冒頭で紹介した、PRIMUSのP-153の占有面積は、直径11cmのガス缶の底面だけなのにたいして

SOTOのST-310は、ガス缶を横に寝かせて置くタイプなので、ガス缶とバーナー部を合わせて横幅約30m x 縦幅15cmくらいの面積を占有します。

広いテーブルがあれば、別に問題ないのですが、

アドバイスさせていただくと、バーナーの占有面積は小さい方が圧倒的にキャンプが快適です。

 

理由として

  1. アウトドアで使うテーブルはだいたい小さくて狭い。(一人キャンプの場合はほとんど) 
  2. 他にもテーブルに置く物がある(皿や食材など)
  3. テーブルが広げれない場所で使う場合、地面にバーナーを置くスペースがあまりない可能性が高い

といったところです。

実際に、SOTO ST-310を使っていて、邪魔だなあ、と感じたことがあったときに思ったのが上記の3点でした。

見た目はかっこいいし、めっちゃ好きなんですよ。だけど、特に缶の部分、あれが正直、超邪魔です。

 

 

おすすめポイント2、 携帯性がバツグン

 

PRIMUS P-153ウルトラバーナーは折りたたんだときのサイズが、とても小さく携帯性がバツグンです。

次の写真は、PRIMUS P-153バーナーと、SOTO ST-310の 折りたたんだときのサイズを比較したものです。

 

それぞれの折りたたんだときのサイズはおおよそ次の通りです。

  • PRIMUS P-153バーナー・・・7cm x 9cm
  • SOTO ST-310・・・14cm x 12cm

大きさの違いは一目瞭然です。

重さも、PRIMUS P-153バーナーの方が圧倒的に軽いです。

 

特に登山では、携帯性、軽さは道具選びの重要なポイントになります。

 

 

オススメポイント3、火力が強い

 

P-153とST-310を比較した場合、使用するガス缶に違いがあります。

OD缶

PRIMUS P-153バーナーは、OD(Out Door)缶というタイプのLPガスボンベを使用します。

メリット

アウトドア専用設計で火力が強く、寒冷地での使用にも耐えれる。バーナーだけでなくランタンの燃料としても使える。

デメリット

アウトドア専門店など販売店が限られており価格が割高。1缶500円くらいです。

 

CB缶

たいしてSOTO ST-310は、CB(Cassette Bombe)缶というタイプのLPガスボンベを使用します。

メリット

スーバーやコンビニ、ホームセンターなど、どこでも販売されており、価格も安価。1本あたり100円くらい。

デメリット

寒いところで使うと点火しにくかったり、火力が弱くなったりする。

SOTOの公式見解では、SOTO純正のCB缶を使うように呼びかけており、別メーカーのボンベの使用は自己責任となる。万一着火事故になるとまさに自爆となってしまう。

 

 

価格

 

以上のことから、バーナー選びで迷っているかたには、

PRIMUS ULTRA BURNER P-153 をオススメします。

 

耐久性もピカイチです。

筆者はもう10年近く使っていますが、これといったメンテナンスもすることなく、なんの問題もなくいつも快適に使えています。

 

 

PRIMUS ULTRA BURNER P-153 

とりあえず、買っておいて後悔はしないアイテムだと思います。

点火動画も合わせてどうぞ。↓

 

以上、バーナー選びの参考になれば幸いです。

 

素敵なアウトドアライフになりますように。



-アウドトア

Copyright© TABLE STATION , 2021 All Rights Reserved.